農業高校とは

農業について学べる高等学校、農業高校の概要についてご紹介します。

農業高校と一般的な高校の違い

農業高校は、農業に関する知識の習得を主な目的とする職業高等学校の一つです。普通科高校(一般的な高校)では総合的な知識や教養を学ぶのに対し、農業高校では総合的な教養を最低限学びつつ、農業に関連した学科に特化して学ぶことが特徴です。

農業高校で学ぶことは、農耕、園芸、畜産、農業機械、農業土木、林業など多岐にわたります。また農業に関する経営や経済についても学びます。

卒業生の進路もさまざまで、農家はもちろん、農協や農水省関連の機関、食品・科学メーカー、像宴会の仕事などがあります。近年では、農家を継ぐ人材の減少と、大学進学希望者が増えたことで、農業高校の需要は減り、校数の現象が余儀なくされています。