日本の農業の課題

日本の農業は現在、さまざまな課題を抱えています。主要な問題を中心に見ていきましょう。

日本の農業における重要な課題とは

農業従事者が減っている…若い世代の都市部への流入や農家の後継ぎの減少、経営の苦しさなどにより、農業に携わる人口が減ってきています。

新規参入が難しい…さらに、農地や初期資金の確保が難しかったり地域の農家コミュニティとの付き合いの難しさが、農業新規参入の障壁となっています。

以上のような背景から、農業全体で働く人はどんどん減っているというのが現状です。さらにこれがもう一つの問題を引き起こしています。

食料自給率の低下…生産者が減った結果、日本では年々食料自給率が低下しています。これは海外への食料供給依存を強め、自立力を弱める原因にもなります。