米の品種改良について

こちらでは日本で行われている米の品種改良について説明します。品種改良とは、穀物、野菜、果物、家畜などを量産しやすくしたり、味を良くしたり、厳しい環境や病気に強い品種を作ることをいいます。

日本で米の品種改良が始まったのは明治時代

米は日本の歴史上ずっと日本人の主食であり続けてきたわけですが、米の品種改良が始まったのは明治36年のことです。その際、大量の農作物を効率よく生産するための品種改良が求められました。

それを受け、農学者の加藤茂苞が稲の品種改良に長年の研究を費やし、多くの新品種を生み出しました。東北稲作改良の父と呼ばれる彼はまた、世界の多種多様な米を分類したり、新品種育成に関する論文を多数発表しました。稲作業界に革命を起こした人物と言えるでしょう。